株主優待で生活をしている人をピックアップしているテレビ番組がありますが、数多くある株式会社のなかでどの株主優待が人気なのでしょうか?当サイトであなたにぴったりの株主優待を探しましょう。

株主優待の使い方とヒートマップの見方について

株式投資は、上場している企業の株を購入し、値上がりを待って売却して利益を得るというものですが、このほかの楽しみとしては株主優待や配当があります。株主優待も配当も一定の期日に株式を保有している株主に対して還元されるものになります。配当に関しては、保有している株数に応じて割り当てられるものであり、一般には株価に対して1%程度から5%程度が還元されます。配当は配当権利確定日に保有していることで得られるもので、以前は郵便局などで換金する必要がありましたが、近年は証券口座に直接、振り込まれる場合もあります。しかし、配当に関しては会社業績が大きく影響するため無配の会社も多くあります。
一方で株主優待は、その企業が株主に対して還元する商品やサービスなどです。商品の場合にはそのまま送られてくるのがほとんどですが、多くは食品や消耗品などが提供されます。サービスの場合には優待券という形で送られてくるもので、使い方としてはその優待券をサービスを提供している場所に持って行き提示することで割安な料金で利用することができます。

株式投資を行うさいに参考とするものとしてヒートマップがあります。ヒートマップは業種などにおいて騰落率を色で示しているものです。騰落率はその市場の過熱感を示すものでありヒートマップでは、業種や市場別に分類され一目で、どの業種が騰落率が高いのか低いのかを見ることができるものです。騰落率が低い場合には青く表示され、高い場合には赤く表示されており、色合いも13段階程度に分類されています。騰落率が高い場合には過熱気味であるため、投資をするさいには注意が必要になります。反面で低い場合には底値であると判断できます。